施工紹介

GMラウンド工法

マンホール鉄蓋の取換工事で、マンホール鉄蓋の周辺舗装を円形に切断して、専用表層材、路盤材を使用して短時間で鉄蓋の取替を行います。

シールハード・FGSパーマシャイン工法

従来の床材ではフォークリフト等の重量物の通過で削れや、剥がれが生じ定期的なメンテナンスが必要としてきました。シルハードはこのような問題が全く生じないメンテナンスフリーのコンクリート表面強化、鏡面仕上材です。又FGSパーマルシャイン工事では、コンクリート床面をダイヤモンドプレートで研磨し、浸透性表面強化剤により耐久性、耐摩耗性、防汚性の向上で美観と機能を両立した床仕上げ工法です、又床面をお好みの色で着色する事もできます。

W2R工法(既設側溝のリニューアル)

W2Rカッター機は既設歩道部や民地に影響を与える事無く、無騒音、無振動で内側より側溝壁の高さを早く、安全確実に所定高さに切断する工事です。曲線側溝でも切断可能です。

K-ZL工法(既設路面滑り止め工事)

既設の舗装版の滑りやすい所スロープ、一旦停止の路面にダイヤモンドビットで穿孔し、滑り止め対策として用いる工事です。施工後の養生期間がなく直ぐに解放できます。又ケーズルリングを入れることで再帰反射により夜間の視認性は抜群で柔らかい素材で安全性にも優れ滑り止効果も発揮します。

T型カッター目地切工法

T型カッターはコンクリート構造物のクラック、目地補修箇所の溝をT型にカットし、奥を広げる事で充填剤の剥がれを防止すると共に、耐久性にも優れています。

ダイヤモンド穿孔工事

ダイアモンドビットを使用し、鉄筋コンクリートなどを低騒音・低振動で必要なサイズを正確に穿孔します。

ワイヤーソー工事

ダイヤモンドワイヤーで切断構造物に巻き付け、低騒音・低振動で自在に構造物を切断します。

ウォールソー工事

ダイヤモンドブレードを使用し、構造物に取り付け、低騒音・低振動で構造物を切断します。

道路カッター工事

ダイヤモンドブレードを使用し、舗装道路やコンクリート床版を切断します。

樹脂アンカー工事

接着樹脂アンカーを使用し、耐震補強や架台取り付け、サシ筋等に使用します。

非破壊検査工事

コンクリート構造物にX線を照射し、壁・床の反対側にフィルムを張り内部を写し出します。コンクリートの鉄筋・電配・配管等の位置が確認できます。

下水道工事

人孔設置工事。 下水道地震対策工事

その他

理科学機器・試験研究設備などの搬入、据え付け、撤去工事